2019年の春季キャンプも打ち上げです。あっという間の1ヶ月でした。「無敗」のまま3月のオープン戦へと移っていきます。

宮崎が良いことを言っています。

DeNAキャンプ打ち上げ 宮崎「秋にはおいしいお酒といい報告ができるように」

20190227-05

DeNAは27日、沖縄・宜野湾キャンプを打ち上げた。

円陣の中心に立った宮崎敏郎内野手が「充実したキャンプを送ることができました。これからチームはオープン戦、開幕へと進んでいきます。チーム一丸となってベイスターズらしく、秋にはおいしいお酒といい報告ができるように1年間頑張っていきましょう」と挨拶。最後は一本締めで、約1カ月に渡った春季キャンプを締めくくった。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000099-spnannex-base
別に良いことではないか(笑)目標と願望ですね。

ラミレス監督も「満足のキャンプ」とコメントしています。

DeNA ラミレス監督「90パーセントの仕上がり」キャンプMVPに今永&神里を選出

20190227-06

ラミレス監督は「満足のいくキャンプを送れた。90パーセントの仕上がり」と充実の表情を浮かべた。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000100-spnannex-base
そして今キャンプのMVPとして挙げたのが今永と神里。

今永についてはかなり絶賛しているようで次のように話しています。
「ルーキーの年に見た衝撃、それ以上の好調なキャンプを送ってくれた」と、自身初の開幕投手を目指す左腕の姿を称えた。

神里についても
「楠本も安打を量産して左投手から価値の高い安打を打ち好調だった。佐野も途中から1軍に来ていいパフォーマンスを見せている。1人を選ぶのは難しいが、MVPは神里。昨秋の奄美キャンプから好調で、安定して素晴らしい。昨年よりはるかに良くなっているし、そのチャンスがあると思います」
とコメントし、開幕スタメンへの期待と可能性を示唆した。