keiyaku_koukai_2020
今日も契約更改のニュースが飛び込んできました。
DeNA伊藤裕165万円ダウンで更改「全然納得のできないシーズン」 大砲候補の細川は現状維持

DeNAの伊藤裕季也内野手が宮崎県内で契約更改交渉に臨み、165万円減の年俸1155万円で契約を更改した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e53d5cd528240acf05b6ea65a73c63c21673e1d
こちらも大砲候補の細川は現状維持の年俸880万円、3年目の宮本は55万円ダウンの年俸705万円でそれぞれサインした。(金額は推定)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e53d5cd528240acf05b6ea65a73c63c21673e1d

額についてはあえて触れませんが、アップ・ダウンについては概ねその通りかと。

外から見ているだけでは感覚で「〇〇〇万円アップでしょ」とかで盛り上がったりしますが、実際の査定では細かい数字を基に計算が行われているでしょうから、単純ではないですよね。

伊藤裕が1億を突破するくらいでないとチームは優勝はない、そのくらいに感じています。それほど期待感のある選手なんです。

細川は激的に三振が減ったので来年には待望のブレイクがあるでしょう(願望)。

宮本は元巨人の鈴木みたいになれないかな。そもそも走塁のスペシャリストはチームにとって需要がないのかも。

まだまだこの先も契約更改は続く。