ベイブルー魂

主にベイスターズに関することをファン目線で書きます。たまに関係ないことも。

カテゴリ: 2018日米野球

侍守護神の山崎が有終締め「3人で締めるのは楽しい」

20181116-02

山崎康晃投手(DeNA)が、ストッパーとして最後を締めた。

4-1の九回に登板。ナ・リーグの新人王に輝いた最後の打者・アクーニャ(ブレーブス)を空振り三振に抑えるなど打者3人でピシャリ。DeNAの守護神は、「3人で締めるのは楽しい。もっともっと力をつけたい」と熱い思いを語った。

山崎は、2020年東京五輪でも侍ジャパンの守護神候補。「これからも日本代表のレベルの高さを世界中に示していきたい」と強い覚悟を示した。


続きを読む

20181110-04

2018年前半の濱口はいなくなり、本物の濱口が帰ってきました。

投げっぷりの良さは健在で、メジャーの選手相手に臆することなく堂々と投げ込む姿は立派です。最大の武器であるチェンジアップも気持ち良いくらいに抜けての三振奪取。
自らの悪送球をきっかけに2失点を許すが内容的には問題ありません。

投球回数 2
打者 9人
球数 38
被安打 2
四死球 1

日米野球での経験が今後の糧となることは間違いないでしょう。

20181109-02

スタンド内ではベイファンがドヤ顔でKernkraft400のリズムに合わせて飛び跳ねている姿は、シーズン中を想起させる光景。メジャー側のベンチでもジャンプしている選手がいましたよ。

日テレさん、侍の守護神と紹介していただいてありがとうございます。

ヒットを1本打たれはしましたがストレート・ツーシームでシーズン中と同じような内容で無得点に抑えたので良しとしましょう。

11月の侍ジャパン「2018日米野球」に選出されていた筒香が、シーズン中の負傷(左外果骨挫傷)の影響で辞退することになった模様。

東に続き筒香も辞退ですか。

「侍ジャパントップチーム」筒香嘉智選手参加辞退のお知らせ

11月に開催される「2018日米野球」の侍ジャパントップチームに選出されていた筒香嘉智選手ですが、シーズン中の負傷箇所(左外果骨挫傷)の影響で、代表を辞退することになりました。

残念ですが怪我では仕方ありません。
野球人生、先は長いですから、しっかりと治療をして来季に備えてください。

がんばり過ぎなので、たまにはゆっくりと休んでほしいですね。

 2018年11月に開催される「2018日米野球」でMLBオールスターチームと対戦する侍ジャパントップチーム(稲葉篤紀監督)に横浜DeNAベイスターズから筒香、山崎、濱口、東の4人が選出されました。

20181010-01

↑このページのトップヘ