ベイブルー魂

主にベイスターズに関することをファン目線で書きます。たまに関係ないことも。

カテゴリ: オーストラリアン・ベースボールリーグ

CC_IN_ABL


終わりました。セミファイナルの第3戦。

ブリスベン・バンディッツに5-9で負けて終戦。一時は逆転したのですが7回の先頭打者をレフトのエラーで出塁させたあたりから、流れが再びバンディッツに向いた気がします。
続きを読む

CC_IN_ABL


昨日は大敗でしたね。あそこまでの点差だと悔しくもなくなります。

17時から行われるセミファイナルの第2戦の先発はケント。

ベイスターズのキャンプに参加することも決まっているので、ベイファンは今夜の試合は注目ですよ。


続きを読む

ついに国吉が初勝利!!

ブリスベンでのBandits戦に2番手として登場した国吉。
20190111-03


先発投手が1-1の同点の5回に2アウト1、2塁のピンチを招くとマウンドに国吉が上がる。
続きを読む

20181219-01


オーストラリアのリーグに参加中のベイスターズの選手たち。

日本ではシーズンオフなのに武者修行のために海外へ。来季へ向けて厳しい練習を積み重ねている毎日なのでしょう。

続きを読む

20181206-01

今日の国吉。

見事に2失点を、投げるたびに失点をするオーストラリアでの国吉。1失点はエラー絡みとはいえ、その後打たれているのでエラーがなくても失点していたでしょう。

2回1/3で2失点、3安打(たぶん)、四球がなかったのが唯一の救いかな。

忘れていたけど、三上は今日も投げなかったな。前回の登板予定がコールドで流れたせいでいまだに登板なし。

早く三上の姿も見たいですね。

20181201-05

DeNA今永、豪州でまた快投 5回零封10Kで2連勝、2試合20K&防御率0.00

 オーストラリアン・ベースボールリーグ(ABL)のキャンベラ・キャバルリーに派遣されているDeNAの今永昇太投手が、またしても好投した。1日のオークランド戦に先発し、5回3安打無失点10奪三振と快投。キャンベラは2-1で勝利(雨天で7回コールド)し、今永はデビュー2連勝を飾った。

 オークランドの種市(ロッテ)との投げ合いとなった一戦。今永は初回、1安打を許したものの、アウト3つを全て三振で奪い無失点スタート。2回は先頭打者にレフト前ヒットを許し、盗塁と失策で三塁まで進めたものの、またもアウト3つを三振で奪って無失点。3回は右飛、投ゴロ、空振り三振と3者凡退に仕留めた。

 4回も遊ゴロ、三飛、空振り三振と3者凡退。5回は1死からライト前ヒットを浴びたが、後続を2連続空振り三振に斬って取った。打線は3、4回と種市から1点ずつをもぎ取り、今永は勝利投手の権利を持って降板。キャンベラは6回に1点を返されたものの、試合は7回降雨コールドで勝利した。

 今永はデビュー戦となった11月24日の試合でも6回3安打無失点10奪三振と好投しており、これで2試合11イニングで6安打無失点20奪三振、防御率0.00。2試合連続で圧巻の投球となった。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00258627-fullcount-base


続きを読む

20181201-00


オーストラリアでの2回目の登板となった今永。

前回は圧巻のピッチングを披露して全豪を驚愕させた。

今日はどんな投球を魅せてくれるのか?


続きを読む

20181127-02

DeNA今永昇太が豪州リーグの週間ベストナインに選出 初先発で6回10K無失点

 20日に現地入りした今永は、首都に本拠を置くキャンベル・キャバルリーに所属。24日の敵地シドニー戦で豪州デビューを果たした。この日は6回を投げて3安打10奪三振無失点の快投を披露。途中、打者11人を連続凡退に仕留め、無四球でマウンドを下りた。初先発初勝利を収めたパフォーマンスが評価され、ベストナイン先発投手部門に選ばれた。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00256347-fullcount-base


続きを読む



20181124-07

ついに今永が登場!

どんなピッチングを披露するのか。

解説にスーパースターとか言われてた。
続きを読む

20181124-05

オーストラリアで修行中のベイスターズの青柳が本日もヒット打ちました。好調のようです。国吉が登板毎に失点しているのに比べると調子の良さがうかがえます。

今永と三上の出番が待ち遠しいですが、それまでは青柳の活躍で盛り上がれます。

↑このページのトップヘ