ベイブルー魂

主にベイスターズに関することをファン目線で書きます。たまに関係ないことも。

タグ:オープナー

伊勢の先発はオープナーだった。

DeNA、離脱平良の代役はラミ流「オープナー」 ドラ3・伊勢がプロ初先発

開幕から平良が日曜日のローテを守り続けてきたが、20日に背中の違和感のため登録抹消。代役としてラミレス監督は「オープナーでいく」と、ここまでリリーフで5試合に登板している新人右腕を選択した。

10日の阪神戦でも救援投手の武藤を先発させたが「あれはブルペンデーに近い。明日はオープナー。(先発は)相手の打者、上位打線が誰なのか、その相性はどうかなど考えて使うことが重要になる」と、指揮官は説明した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f79eeeb58341824cde71da20c0f33f71e610a22e
続きを読む

また批判が多くなりそう。

【DeNA】ラミレス監督、来季オープナー増やす「投手を疲れさせずうまくまわせる」

FullSizeRender
DeNAのアレックス・ラミレス監督(45)が、来季オープナー制を積極活用していくことを明かした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-12290267-sph-base
続きを読む

今後もオープナーはやっていくぞ宣言きた。

【一問一答】DeNA・ラミレス監督、オープナーは「もちろん、やっていく」

20190421-03

 --今後の「オープナー」制について

 「もちろん、やっていく。別の見方をすれば、(3番手で)先発タイプの京山がいい投球をした。もし、オープナーが抑えたあと、(本来の)先発投手がロングリリーフをすれば、そのまま勝ち継投につなげられる。仮に(本来の)先発投手が先に大量失点すると、リリーフも相当使って、場合によっては勝ち継投の投手も使うことになってしまう。負けたとしても(オープナーに)メリットはあると思う」
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000563-sanspo-base
※全文はリンク先で
続きを読む

事実から目を背けたくなる試合の立ち上がりでした。

DeNA 初の「オープナー」も…先発・国吉、1回4失点で降板

20190421-02

DeNAは初めて「オープナー」で挑んだが、先発した国吉が1回4失点で降板した。

今季はこれまで救援で5試合に登板していた右腕は、これが今季初先発。先頭の田中広に中前打を許すと、1死二、三塁から鈴木に先制適時打を浴びた。さらにバティスタの右前適時打、1死満塁からは安部と石原に連続押し出し四球を与えた。打者9人に5安打を集中されて序盤から流れを手放した。2回からは砂田がマウンドに上がった。

ラミレス監督は試合前「オープナーは昨年12月から考えていた。今日が一番いいタイミングだと思った」と話し、国吉には「状態がいい。初回から150キロから155キロを投げられるのは相手チームにとっても脅威」と期待を込めて送り出した。しかし制球に苦しみ、最速も150キロに止まった。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000181-spnannex-base
続きを読む

↑このページのトップヘ