ベイブルー魂

主にベイスターズに関することをファン目線で書きます。たまに関係ないことも。

タグ:KIAタイガース

ベイスターズが一時は10点差をひっくり返す大逆転も勝利とはならず

2月26日(火)アトムホームスタジアム宜野湾で行われたベイスターズ vs KIAタイガーズの練習試合は、一時は10点差をひっくり返したが、その後追いつかれ引き分けに終わる。

         123 456 789 R
ベイスターズ   008 200 002 12
KIAタイガーズ 000 011  /00 12
※7回の「/」は「10」

1回、2回と先発の上茶谷が好投をみせKIAタイガーズを無失点に抑えるが、3回にマウンド上がった二番手・勝又、三番手・古村が大炎上し10失点。これで勝負あったかに思われたが5回6回と1点ずつを返して迎えた7回に大反撃が始まる。

先頭打者の大和の出塁から6点を奪い2点差まで詰め寄ると、満塁の場面で宮本がグランドスラム!!満塁ホームランを放ち12-10と逆転に成功する。
20190226-04
ニコ生
ニコ生の視聴者も狂喜乱舞!!

しかしこのままでは終わらないKIAタイガーズ。9回表にベイスターズ知野のエラーからノーアウト満塁とし、2度の併殺崩れの間に2点を取り同点に追いつく。

9回のベイスターズの攻撃は一打サヨナラの場面で前の打席に満塁ホームランを放った宮本。だが三振に倒れゲームセット。
続きを読む

ベイスターズ対ウィーランドが実現した

アトムホームスタジアム宜野湾で行われたベイスターズ vs KIAタイガーズの試合で、昨年までベイスターズに在籍していたジョー・ウィーランドが二番手として4回からマウンドに上がった。

20190226-02
@ニコ生
続きを読む

DeNA退団のウィーランド、韓国KIAに加入 球団が総額1億超での契約を発表

 韓国のKIAタイガースは5日、DeNAからの退団が発表されていたジョー・ウィーランド投手と契約を結んだと球団公式サイトで発表した。

 ウィーランドは今季16試合に登板し4勝9敗、防御率4.99をマーク。2017年に加入し、2シーズン通算では37試合に登板して14勝11敗、防御率3.80の成績だった。投手ながら打撃が良く、代打で出場したこともあった。

 しかし、DeNAは3日に来季の契約を結ばないことを発表。そしてこの日、KIAタイガースは球団公式サイトでウィーランドと契約を結んだことを発表。総額100万ドル(約1億1300万円)で、契約金が30万ドル(約3400万円)、年俸は70万ドル(約7900万円)であることも公表している。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00261243-fullcount-base


続きを読む

↑このページのトップヘ