神奈川以外のゆかりある地域にもYDBギフトバッグを配布することが発表されました。

新潟県ほか全6自治体の学童野球チーム約5,000人へYDBギフトバッグ配布決定!

20210224-01
 横浜DeNAベイスターズは、「横浜DeNAベイスターズ誕生10周年プロジェクト」の施策として、新潟県および沖縄県宜野湾市、嘉手納町、北中城村、山口県下関市、鹿児島県奄美市の全6自治体へ合計5210個のYDBギフトバッグ(ナップサック・フェイスカバー・ミニタオルのセット)を各自治体に所属の学童野球チーム(小学生対象)へ配布いたします。

YDBギフトバッグのプレゼント施策は、新型コロナウイルス感染症が流行し、生活が大きく変化するなか、健康に気をつけながら野球を、スポーツを楽しんでほしい。という想いから、ナップサック、フェイスカバー(マスク)、ミニタオルをセットにして、神奈川県と神奈川県教育委員会ご賛同のもと、神奈川県内の小学校および特別支援学校あわせて945校の約46万人の子どもたちへの配布を行っております。

この度、例年主催試合を開催している新潟県、一軍・ファームの春季キャンプ開催地である宜野湾市、嘉手納町、北中城村、球団創設の地である下関市、2010年より2019年まで秋季キャンプ開催地であった奄美市の6自治体にも新たにご賛同いただき、10周年記念ロゴマークをあしらったYDBギフトバッグの配布が実現いたしました。今後YDBギフトバッグは、順次各自治体を通じて学童野球チームの小学生へ届けられます。
https://www.baystars.co.jp/news/2021/02/0224_01.php
続きを読む